院内案内




院内間取り図


施設

入口

向かって右側の扉よりお入りください。

時々当院のペットたちがお出迎えいたします。

びっくりさせてしまったら、ごめんなさい。

すぐ隣には診療案内のボードがあります。

 

受付

入口から入ると、正面が受付になります。

来院されたら、まずここで受付してくださいね。

 


 

待合室

明るく、優しい雰囲気の待合室です。しつけや病気についてのDVDも流れておりますので、ぜひご覧ください。
また、動物用の体重計もおいてありますので、ご自由にご利用ください。
他の動物たちと会うことが苦手な場合は、多目的ルームや外のベンチ、車の中でお待ちいただけます。


第1診察室

飼い主様のご家族全員とお話しができるように、広くなっています。
顕微鏡の画像や、耳や口の中などをモニターに映して、ご一緒に見ながら、ご説明いたします。

 

第2診察室

第一診察室よりも、やや狭くなっております。猫ちゃんや小動物など、広い空間が苦手な子は、こちらで診察いたします。

 

第1入院室

当院メインの入院室です。飼い主様が面会しやすいように、広くなっています。点滴や室温など24時間管理しています。

 

 

第2入院室

やや狭くなっており、ほかの動物が苦手な子の入院やホテル、また感染時の隔離施設として使用します。
いつもは当院の動物たちが過ごしています。

 

 

検査室

さまざまな検査機器がそろっています。
種々の血液検査機器、自動血圧計、眼科機器(スリットランプ、眼圧計、眼底鏡など)、顕微鏡、カラードップラー超音波装置、ICU装置など

 

 

手術室

様々な手術を行います。人と同様に血圧や呼吸、心電図などをモニターで管理しながら手術を行います。
内視鏡電気メス炭酸ガスレーザーもあります。

 

レントゲン室

レントゲン室は手術室とつながっており、術中、術後などのレントゲン撮影がスムーズにできます。またエックス線透視装置も完備しています。

 

ドッグラン

入院中やペットホテルの時の、気分転換やリハビリに使用します。また、どうしてもお散歩に出られないときは、ここで遊んでくださいね。屋根がついていますので、雨の日でも楽しく遊べますよ。

シャンプー室

広いお部屋で、ご家族みんなで快適にシャンプーしていただけます!

スポンジ・タオル・バスタオル・シャンプー用エプロン、ブラシなどご利用いただけます。

ナノバブルオゾンシャワー大型ドライヤーがあります。

ぜひご利用くださいね。ご予約は受付またはお電話にてお伺いします。

設備

ソノサージ


避妊や去勢手術、また、腫瘍摘出などの手術時に使用します。


従来は、血管を糸で結札(血管を出血しないようにしばること)し、その部分をハサミで切断することにより、臓器や腫瘍を摘出しますが、この機械は超音波の振動により、結札と切断を同時に行うことができます。

そのため、糸をお腹の中に残さず、また、手術時間を短縮でき、術後の痛みも軽減します。

本当にすごい医療機器です。手術が大きく変わります。

 

 

デジタルレントゲンCRシステム

レントゲン撮影は一緒なのですが、フィルムの現像の時間が必要ないため、お待ちいだく時間が、今までより短くなりました。

つまり、フィルムのカメラからデジカメになった感じです。

そのため、観察したい部分の拡大等もでき、より細かい部分の観察ができるようになりました。

 

カラードップラー超音波検査装置(エコー)

(ALOKA prosound α6)

以前から超音波検査装置はありましたが、この機種はコンパクトな上、性能もよく、画像の見易さが格段に違います。
以前のエコーでは写らないような小さな病変も発見することができます。
この機器の性能を十分に発揮し、診断・治療でお役に立てるよう頑張ります。

 

エックス線透視装置

リアルタイムでのレントゲン映像観察が可能となり、胃腸や心臓などの臓器の動きが診察できます。
また、椎間板ヘルニアなどの整形外科やカテーテル手術など、できる手術の数が増え、手術の正確性が向上します。

 

内視鏡

間違って飲み込んでしまった異物は、おなかを切る手術でしか取り出すことができなかったのですが、内視鏡により、切ることなく異物を取り出すことができ、動物への負担を大幅に減らすことができます。

また慢性的な嘔吐や下痢の時に、わからなかった病気が、内視鏡の検査で判断でき、治療することができます。


ICU装置

温度、湿度、酸素濃度を100%管理し、救急救命時などに集中治療できる入院施設(ケージ)です。

 

炭酸ガスレーザー

腫瘍(特に体表)の切除手術時や出血の多い部位の手術で使用します。痛みを抑え、ほとんど出血することなく手術を行うことができます。

そのため、動物の負担が減り、手術後の回復がより速くなります。さらに皮膚にできた小さな腫瘍であれば、全身麻酔をかけることなく、局所麻酔で切除(蒸散)することができます。

 

眼科機器

これらの機器を使用して、眼を確実に診察します。

白内障や緑内障、網膜剥離なども診察します。

 

 

光線治療器 スーパーライザー2200


痛みを緩和し、さらに傷の治りを早くします。

捻挫や関節痛、椎間板ヘルニアなどの骨筋肉疾患、口内炎や皮膚病、潰瘍、手術後の傷にも使用します。

その他、神経や消化器疾患など様々な疾患に対応できます。もちろん副作用はありません。

1回約5分間の治療ですが、心地よい温熱感があり、動物も気持ちよさそうにしていますよ。

 

分包機

手作業で行うより、正確に早く薬を分けられる上、薬包に名前・用法が印字されるため、薬を与えるオーナー様にも分かりやすく、間違いなく薬をあげられます。