ふく動物病院物語①名前の由来

昔々(院長が勤務医をしていた頃の話ですが)静岡のとあるお寺の近くに、数匹の猫が暮らしておりました。

心の優しいおしょうさんは、おなかをすかせた猫たちに、時々ごはんをあげました。

ところが、1匹の猫だけはいつももみがらの上で寝ていて、おしょうさんが見ている間は決して近づこうとはしませんでした。

 

そんなある日のこと、おしょうさんが外に出てみると、頭に大ケガをした猫が
「おしょうさん、助けて・・・」といった顔で近付いて来ます。

見ると体にもみがらが付いているではありませんか!

おしょうさんは、その猫が唯一近づいてこない猫だという事に気が付きました。

 

おしょうさんは猫をかかえると、急いで病院へと向かいました。

「この猫を助けて下さい!」おしょうさんは言いました。

先生は「これはかなりひどい傷ですよ・・でもやれる限りの事はやりましょう」と言って手術に臨みました。

手術は無事に終わり、おしょうさんも肩をなでおろしました。

 

その後も、猫は順調に回復し、おしょうさんは面会に来ると、いつしか名のない猫を「ふく、ふく」と呼ぶようになりました。

その猫も、人とのふれ合いに喜びを覚え、人が大好きになっていきました。

そして、退院の日がやってきました。


しかし、帰るにもお寺の境内では、猫を飼う事ができません。
また、のら猫に返してしまっては、再びケガをするかもしれません。
おしょうさんも先生も、一生懸命になって、この猫をかわいがってくれる人を探しました。

しかし、飼い主になってくれる人はなかなか見つかりません。

おしょうさんは、「仕方ない、また元の場所に戻そうか・・」と言いました。

その言葉を聞き、先生はしばらく考え言いました。
「それならわたしが面倒みましょう」

おしょうさんは「なんて幸せな猫なんだ」と大喜びし、
「ふく、ふく・・・」と何度も呼び、抱きあげました。

そして、”ふく”という名前は、先生の家でも呼び継がれるようになりました。

その先生が、この地(岐阜)で動物病院を開院しようと決めた時、


「たくさんの動物たちが、”ふく”のように救われ幸せに暮らせますように…」

という願いを込めて、『ふく動物病院』と名付けたそうな。

少し長くなりましたが、これが『ふく動物病院』の名前の由来です。

それから沢山の年月が過ぎ・・・

 

ふく動物病院物語② へ続く・・